【昆虫撮影会 その13】暑さのピークは乗り越えたかな? 〜大きめな甲虫は少なめな感じがする〜

8月18日 午前中の撮影

使用機材
  • ニコン(Nikon)D850
  • AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
  • GODOX(ゴドックス) TT685N
  • GODOX X2T TTLワイヤレスフラッシュトリガー
現像ソフト
  • Adobe Lightroom Classic
撮影場所
都立光が丘公園

今年の夏は、例年と比較して暑いは暑いが短い暑さなのかな?などと、個人的に感じている中で、

「あかん!わし、見るばっかりで夏の虫の撮影してへんやんけ!」

と、思い立ち昆虫撮影へと邁進しましたので掲載していきます。

では、

ハエ

ハエにも種類があるということで、こやつを調べてみたが、、ニクバエでもないようだし、、ハナバエでもないようだし、、
※情報求む

アブラゼミの抜け殻

アブラゼミの抜け殻やぁ〜♪

黄色い花

黄色い花やぁ〜♪

ミンミンゼミ

やっぱり、ターコイズブルーがキレイなミンミンゼミやぁ〜♪

ミンミンゼミ

寄生されてる?ん?
※調べたところセミヤドリガが寄生しているようです。

ミンミンゼミ

ミンミンゼミのどアップやぁ♪

セミ

アブラゼミやぁ〜♪

セミ

額にある3つの単眼がレッドストーンみたいでキレイやぁ〜♪

セミ

羽の脈の緑色がすんごいキレイ♪

セミ

この脈を使って種の判別も行われるようです♪

マメコガネ

マメコガネかわゆい♪

マメコガネ

マメコガネやっぱかわゆい♪

ハラビロカマキリ

ハラビロカマキリの背中はどこかセクシー♪
※インスタにも投稿しました。

ミンミンゼミ

ミンミンゼミやぁ〜♪

イモムシ

メイガ科系だと思うのだが?
※詳細求む

イモムシ

こやつ、コロンコロンと転がりながらも熱くなりつつあるアスファルトの上を一生懸命に進んでいました。

イモムシ

2年前だったら気持ち悪いと思っただろうけど、今はかわいいと思えるから不思議である。

セミの抜け殻

セミの抜け殻やぁ〜♪

カラスの羽

カラスの羽を拾ったので撮影して見ましたが、、うーん、難しいですねぇ。

ハラビロカマキリ

ハラビロカマキリだと思うのだが。。
※詳細求む

ベッコウハゴロモ

ベッコウハゴロモやぁ〜♪

アオバハゴロモ

アオバハゴロモやぁ〜♪

ナミテントウの紅型

ナミテントウの紅型やぁ〜♪

ヒメオビオオキノコムシ

ヒメオビオオキノコムシやぁ♪

スジベニコケガ

スジベニコケガやぁ〜♪
種の同定にかなり時間かかりました。。
それでも、”蛾”とか”蝶”とかが好きな人の気持ちがなんとなく分かってきますなぁ。

スジベニコケガ

かわいいですよねぇ〜♪

キリギリス類

ツユムシの一種の幼虫。

キリギリス類

目の輝きがかわいい♪

まとめ 暑すぎる時期、甲虫は少なめ♪

キリギリス類

例えばてんとう虫などは

”10〜35度くらいの気温で活発に活動する”

と、説明されており、7〜9月の間あたりは休眠すると説明されています。

そんな中でもよく見るのは蝶・カマキリ・マメコガネ、そしてセミといった感じでしょうか。
あとは、ニホンカナヘビやニホントカゲなども草むらの中でよく見かけますね。

もし昆虫探索するなら、季節によってちょっとだけ目線を変えることで新しい発見ができるのではないかと思います。

インスタやってます♪

見ていただけましたならうれしいです(^^)

叱咤激励コメントお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました